(最新情報)緊急対応として現金給付 ひとり親家庭に3万円支給する自治体も

 

 

 

 

2020年3月11日速報

4月3日最終追記

 

 

(最新情報)緊急対応として現金給付

ひとり親家庭に3万円支給する自治体も

 (最新情報)緊急対応として現金給付

 

 

●要点まとめ

 

・一定の水準まで所得が減少した世帯に30万円給付を検討(4月3日追記)

 

・感染が長期化すれば複数回支給する可能性も(4月5日追記)

 

・児童手当の受給世帯を対象に子1人当たり1万円の支給検討(4月5日追記)

 

→子1人当たり3万円の支給を求めています。

 

・高速道路料金の割り引きも検討(24日追記)

 

・児童扶養手当受給世帯に3万円支給(24日追記・安城市)

 

※当初子育て世帯のみ、その後全国民を対象としていましたが、一部対象のみとなりそうです。

 

 

 

●現金給付・児童手当の増額の要望

 

 現金給付・児童手当の増額の要望を行いました。

 

 臨時休校により、 “予想外” の出費が生じており、加えて3、4月は進学や入学シーズンと重なり、何かと出費がかさむ時期かと思います。

 

 ひとり親世帯をはじめ、子育て世帯の家計は厳しさを増しており、現金給付・児童手当の増額を求めます。(詳細はコチラ

 

子供1人につき3万円の児童手当に上乗せ支給を政府に要望しました

 

※上記は、産経新聞に取り上げていただきました。

 

 

 

●ひとり親世帯に3万円支給する自治体も

 

 愛知県安城市は、児童扶養手当を支給するひとり親世帯に3万円を現金支給します

 

 詳しくは以下をご覧ください。

 

・安城市HP

https://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/kosodate/teateshien/tokubetsukyuhukin.html

 

 

 

●観測記事一覧(随時更新)

 

(4月5日)

 

・児童手当の受給世帯を対象に子1人当たり1万円の支給検討

 

「西村康稔経済財政・再生相は同日、収入が急減した世帯への現金給付に関し「何回もする必要があるかもしれない」と述べ、感染が長期化すれば複数回支給する可能性に言及した。児童手当について臨時に子ども1人あたり約1万円を加算する措置も盛り込む。」(日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57687470V00C20A4PE8000/

 

→子供1人につき3万円の児童手当に上乗せ支給を求めます。

 

 

 

(4月3日)

 

・一定の水準まで所得が減少した世帯に対し、30万円給付を検討

 

「新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策の焦点のひとつ、現金給付をめぐり、安倍総理大臣と自民党の岸田政務調査会長が会談し、一定の水準まで所得が減少した世帯に対し、1世帯あたり30万円を給付することで一致しました。」(NHK)

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200403/1000046680.html

 

 

 

(4月1日)

・1住所に2枚の布マスク配布と首相表明

 

「安倍首相は、再利用が可能な布マスクについて、1住所当たり2枚ずつ配布すると表明した。再来週以降、感染者の多い都道府県から順次実施すると述べた。」(TBS)

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3945597.htm

 

現金給付・児童手当の増額にも税金を充てていだたくことを求めます。

 

 

 

(3月30日追記)

 

・自己申告に基づき生活に困っている世帯などに1世帯あたり10万円を超える額を支給する方向

 

「経済対策については、自民党が30日午後、政府への提言案を取りまとめるなど、政府・与党内で大詰めの調整が行われています。」

 

「焦点の現金給付については、自己申告に基づき生活に困っている世帯などに1世帯あたり10万円を超える額を支給する方向だということです。」

 

「また、感染拡大が終息した後の中長期的な景気対策としては、「商品券」の支給を軸に詰めの調整を行っています。」

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200330-00000008-jnn-bus_all

 

 

 

(3月28日追記)

 

Q. 現金給付の規模や対象は?

 

「質疑応答で現金給付の対象について聞かれると、「収入が減っている人はもちろんですが、中小規模事業主や個人事業主も考えていきたい」と説明。」

 

「国民みんなに給付を行うかどうかですが、リーマンショックの時も行いましたが、あの時の経験を鑑みれば、効果等を考えれば、ターゲットをある程度おいて思い切った給付を行うべきだろうと考えております」とした。」(HAFFPOST)

https://www.huffingtonpost.jp/entry/shinzo-abe-press-conference_jp_5e7f0822c5b6256a7a2b40de

 

 

 

(3月24日追記)

 

・児童手当の増額、高速道路料金の割り引きやなども検討

 

「新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策について、自民・公明両党は、現金の給付に加え、高速道路料金の割り引きや児童手当の増額などを検討していて、来週、政府に提言することにしています。」

 

「自民党は、2008年のリーマンショックの際の対策や去年まとめた総額26兆円程度の経済対策を上回る規模の対策が必要だとして、現金の給付に加え、国内旅行や外食で使えるクーポン券の創設、それに高速道路料金の割り引きなどを検討しています。」

 

「公明党は、現金を一律で給付したうえで所得制限を設けてさらに商品券を配布する案や、子育て世帯を支援するため児童手当の増額などを検討しています。」(NHK)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200324/k10012346361000.html

 

 

・愛知県安城市、児童扶養手当の受給世帯に3万円支給

 

「安城市は二十四日、新型コロナウイルス感染症の影響に対する市民生活の支援策として、児童扶養手当の受給世帯を対象に、一世帯当たり三万円を支給すると発表した。市によると、感染拡大を受けての現金給付は県内初という。」

 

「感染拡大が止まらず、市民生活や地域経済への影響が懸念される。所得の低いひとり親世帯などでは収入減による生活への影響が特に大きいと考え、緊急に支給することで生活の安定を図る目的。対象は三、四月分の児童扶養手当の受給資格のある人で、対象は約千三百世帯と見込む。」(中日新聞)

https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20200325/CK2020032502000052.html

 

 

 

(3月18日追記)

 

・リーマン対策の1万2000円超す額で検討

 

「政府・与党は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて4月にも策定する緊急経済対策として、国民1人ずつに現金を配る「現金給付」を盛り込む調整に入った。」

 

「リーマン・ショックを受けた景気刺激策として、2009年に1人当たり1万2000円の「定額給付金」を配布したケースがあるが、今回は低迷する消費の底上げに向け、それを上回る金額の給付を検討する。」(朝日新聞)

https://mainichi.jp/articles/20200317/k00/00m/010/334000c

 

 

 

(3月11日)

 

「規模は10兆円を超える見通しで、国民に直接、現金を給付する案も浮上しています。」(TBS)

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3927196.html

 

「政府は新型コロナウイルスの感染拡大による景気減速に対応し、4月に緊急経済対策をとりまとめる検討に入った。臨時休校などで休業を余儀なくされる子育て世帯への支援が中心で、現金給付案などが浮上している。」(日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56665830R10C20A3MM8000/

 

 

 コロナに関する対応一覧は以下をご覧ください。

 https://skuru.site/category/joho/corona/

 

 

 最後に、お役立ち情報一覧はコチラをご覧ください。