集計結果:コロナの影響と児童扶養手当にかかるアンケート

 

 

 

 

 

2020年5月25日速報

 

 

コロナの影響と児童扶養手当にかかるアンケート

集計結果

 

 

 コチラで行いました調査を集計しました。ご協力をいただいた皆さま、誠にありがとうございました。

 

 なお集計結果をもとに、コチラの政策要望書を作成しました。

 

 コチラではお役立ち情報やほかにも様々なアンケート調査結果を掲載していますので、よろしければご覧ください。

 

 

総論

 

●コロナの影響で7割弱が収入減・収入減の見込み

 

●コロナの影響で8割強が支出増

 

●回答者のうち児童扶養手当受給世帯は7割強

 

→2割弱が児童扶養手当非受給者

 

●児童扶養手当の増額が必要の回答は8割強

 

ひとり親全体への給付が必要も回答も8割強

 

●各自治体でコロナの影響をうけ、ひとり親支援があるとの回答は2割にとどまる

 

→ほとんどが児童扶養手当世帯のみを対象としている。

 

 

回答数:1,292件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(今後の対応)

 

 今回のアンケート調査をもとに厚生労働省をはじめ行政に働きかけていきます。

 

 

 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

【調査の詳細】

 

調査名:コロナの影響と児童扶養手当にかかるアンケート

 

調査主体:一般社団法人 ひとり親支援協会(エスクル)

 

HP:https://skuru.site/assoc/