離婚ADRって何?(&東京都港区の2020年度の取り組み)

 

 

 

 

2020年1月30日速報

2月3日追記

 

 

離婚ADRって何?

(東京都港区の2020年度取り組み)

 

 

「東京都港区は31日、養育費不払いなどの離婚トラブルの解決を支援する事業を2020年度に始めると発表した。」

 

「ADRは裁判ではなく第三者を交えての話し合いで問題を解決する仕組み。申し立てと1回目の相談の費用を5万円まで助成する。同区によるとADRの費用助成は全国で初めてだ。」(2020年1月31日付 日本経済新聞)

 

 なお、養育費の保障支援、面会交流支援、弁護士相談支援などの来年度予算を組んでいるとのことです。

 

※東京都の養育費保証の支援制度はコチラをご覧ください。

 

 

(追記)離婚ADRの注意点

 

  • ADRとは?

 

 Alternative(代替的)Dispute(紛争)Resolution(解決)の略です。日本語では、裁判外紛争解決手続と訳されます。

 

 離婚ADRは、土日にも話し合えるメリットがある一方で、費用が高くなる場合があることすぐに養育費の強制執行できないなどのデメリットがあるようです。

 

 詳しくは以下をご覧ください。

 

 

参考:離婚ADR…?調停とは違うの?(エトワール法律事務所)

https://rikon.etoile-lawoffice.jp/archives/1349

 

参考:ADRとは?(日本弁護士連合会HP)

https://www.nichibenren.or.jp/legal_advice/search/other/conflict.html

 

※上記では、全国の紛争解決センターの一覧も見られます。

 

 

<養育費の関連情報>

 

養育費に関する記事を一覧にしました。

 

https://skuru.site/category/joho/yoiku/

 

エスクルニュースの一覧はコチラをご覧ください。

 

何かお役に立てますと幸いです。

 

 

 

【記事の詳細】

 

2020年1月30日付 日本経済新聞

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55105850R30C20A1L83000/