朝日新聞に取り上げられました(シンママ・シンパパの双方の声)

 

2020年12月25日

 

 

朝日新聞に取り上げられました

(シンママ・シンパパの双方の声)

 

 

 

 

 

 朝日新聞に取り上げられました。

 

 「ひとり親 年末ギリギリ」

 クリスマス祝えぬ ◆ 給付金は焼け石に水

 

 児童扶養手当 の制限により支援が届かないひとり親

 

 実際にはひとり親の生活をしているに支援のないひとり親予定者

 

 そしてシングルマザーとシングルファーザーの双方の声が掲載されてます。

 

 

 

 

 

 

 ひとり親世帯への支援を行政に求めてきたひとり親支援協会(大阪市)の今井智洋代表理事は「コロナの終息が見えず、経済への影響が長期化している。生活に苦しんでいるひとり親世帯には継続的な支援が必要だ」と訴える。

 

 国の追加支給とは別に、独自に上乗せ給付を決めた自治体もある。堺市は11月、ひとり親世帯に3万円か10万円の給付を決定。神戸市も1世帯2万円、第2子以降は1人当たり1万円の支給を決めている。東京都目黒区は7月と11月の2度にわたり、子ども1人当たり5万円を支給した。

 

 今井さんによると、DVで離婚が成立しないまま配偶者と別居して子どもを養育するケースなど、実際はひとり親状態なのに支援が届いていない世帯もある。「行政は様々な理由で困窮している世帯を想定し、取りこぼすことなく支援を続けてほしい」と訴える。(12月28日 朝日新聞)

 

 https://www.asahi.com/articles/ASNDS5TVMNDSPTIL011.html

 

 

 

 最後にお役立ち情報(最新情報など)、活動写真報告(交流様子など)、メディア掲載一覧(テレビ・新聞・ニュース抜粋)、相談対応一覧アンケート調査・政策要望などもあわせてご覧いただけますと幸いです。

 

 

 ひとり親家庭の皆さまの何かお役に立てますよう、引き続き活動していきます。