解雇のひとり親支援 100人臨時雇用へ(神戸市)

 

 

 

 

2020年3月27日速報

3月31日追記

 

 

解雇のひとり親支援

100人臨時雇用へ(神戸市)

 

 

●要点まとめ

 

対象: コロナの影響で仕事を辞めざるをえないひとり親

※且つ、神戸市内に在住する人

 

期間: 採用日から6ヶ月間ま

※令和3年3月31日まで任用期間を延長することも

 

年収: 上限を300万円とする「任用職員」

 

職種: 特定事務 or 一般事務

 

人数: 100人程度採用

 

 

(3月31日追記)

 

 募集要項が発表されました。

 

 詳細は以下をご覧ください。

https://www.city.kobe.lg.jp/a06667/shise/shokuinsaiyou/kobe/other/kaikeinendo/20200331110301.html

 

 

 

(3月30日追記)

「神戸市は、新型コロナウイルスの影響で仕事を辞めざるをえないひとり親家庭を支援するため、こうしたひとり親を半年から1年間限定の職員として100人程度採用することを決めました。」(NHK)

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20200330/2020007048.html

 

 

(3月27日)

「神戸市は27日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で雇い止めや解雇に遭ったひとり親家庭を想定し、100人程度の緊急雇用支援策を検討していることを明らかにした。」

「同市人事課によると、感染拡大で打撃を受けた企業や飲食店から離職せざるを得なくなったシングルマザーなどを対象に、次の就職先が見つかるまで市が臨時雇用する方針。」(神戸新聞NEXT)

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202003/0013228368.shtml

 

 

 コチラの神戸新聞の記事では、コロナの影響で給料が減ったり、就職活動に苦慮したりするひとり親家庭の現状を取り上げていただ、このような支援が広がっていけばと思います。

 

 

※本件について、エスクル兵庫にて最新情報の提供などのサポートを行います。ご興味のある方はコチラよりLINE登録いただきご連絡ください。

 

 

 最後に、お役立ち情報一覧はコチラをご覧ください。