大阪市 4月より小中の給食無償化へ

 

 

 

 

2020年3月17日速報

19日追記

 

 

4月より小中の給食無償化へ

(大阪市)

 

 

<ポイント>

 

●4月から市立小中学校の給食費を無償化

 

●所得制限を設けず、一律徴収しない

 

●来年度導入検討していたが1年前倒し

 

●給食の完全無償化は政令市初

 

 

(3月19日)

「大阪市は18日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、経済状況の悪化を受けた子育て世帯への支援策として、新年度の市立小中学校の給食費を無償とすることを決めた。子ども1人あたり年間5万~6万円程度、家計の負担を和らげる。市負担は77億円で、市議会に提出している新年度予算案を修正する。」

https://www.asahi.com/articles/ASN3L7QS9N3LPTIL009.html

 

 

(3月17日)

「大阪市の松井一郎市長は17日、市立の小中学校の給食を4月から無償化する方針を明らかにした。これまで市は2021年度からの無償化を検討していたが、1年前倒しする。市教育委員会によると、小中学校の給食を無償化するのは政令市で初めて。新型コロナウイルスの感染拡大による学校休校で、仕事を長く休むなどしている子育て世帯の経済的支援が狙い」(3月17日 日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56933060Y0A310C2AC1000/

 

 

 コロナに関する対応一覧は以下をご覧ください。

 https://skuru.site/category/joho/corona/

 

 

 最後に、お役立ち情報一覧はコチラをご覧ください。