給付金支給確定のお知らせ & ご協力のお礼

 

2020年12月5日

12月6日追記

 

 

 

給付金支給確定のお知らせ

& ご協力のお礼

 

 

お知らせと御礼

 

 

① 2度目のひとり親世帯臨時特別給付金

 

 夏から要望してきました2度目のひとり親世帯臨時特別給付金ですが、支給が確定しました。

 

 https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4143317.html

 

※なお、対象や支給時期は正式に決まり次第、HPを更新しお伝えします。

 

 

 

 途中政権が変わり「自助」を強調するなど、1度目のひとり親世帯臨時特別給付金とは違い、向かい風の中での要望活動でした

 

 今までの要望活動は以下をご覧ください。

 

 

●(参考)国・行政への働きかけ

 

 https://skuru.site/teigen/

 

 

 

(12月6日追加)支給対象の拡大を求める声

 

 児童扶養手当も含めて、支給対象の拡大を求める声を読売新聞に取り上げていただきました

 

 https://skuru.site/2020/12/05/gy/

 

※支援が届かない「ひとり親予定者」についても言及しています。

 

 

 

 あわせて、12月19日(土)のひとり親支援協会 定期会議では、上記の活動報告とあわせて、受給者の拡大、自治体への働きかけ、今後の要望活動などについてご報告・議論などを行います。

 

 ご参考まで、前回の定期会議の開催報告もよろしければご覧ください。

 

 

 

② アンケートご協力のお礼

 

 アンケート調査にご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 声をあげること、声を集めて形にすること、国・行政に働きかけること、そして世論に訴えること、微力ですが続けていければと思います

 

 ありがたいことにエスクルメンバーも5,000人を超え、子どもたちやサポーターを含めると16,000人を超えました

 

 数には力があります。活動を通じて、皆さまのお声が政策の場につながっていることを感じてもらえると幸いです。 

 

 

 

③ コミュニティご参加のお礼

 

 また、離婚・死別・未婚、DV、モラハラ、障害(児)、ワンオペ、異性児、思春期、不登校、自死遺族など課題別に、オンタイムでヒアリング調査ができるひとり親LINEグループのコミュニティも評価いただいており、現場があることで政策の場での影響力が高まっております

 

 コミュニティにご参加いただいている皆さま、コミュニティ維持にご協力いただいている方々にも感謝申し上げます。

 

 そして、ひとり親LINEグループでは、ママ・パパへのクリスマスプレゼント企画を行います。

 

 

ママ・パパへのクリスマスプレゼント企画🎁

 

 https://skuru.site/2020/12/03/g2/

 

 

※数をご用意しておりますので、12月からご参加される方も対応いたします。

 

※「ひとり親予定者」も対象です。

 

 

 

④ 今後の活動について

 

 エスクル、ひとり親支援協会では、ひとり親家庭の皆さまのお声をもとに、活動を広げてきました

 

 コロナ禍でリアル交流会ができなくなった後も、試行錯誤でオンライン飲み会、おしゃべり会、バルーンアート教室、サッカー教室、ヨガ教室、LINEグループ運営などオンラインでの活動を充実化させてきました。

 

 また、お役立ち情報の提供、アンケート調査・政策要望など今まで続けてきたことが、コロナの影響でさらに求められているように感じています

 

 メンバーも増え、支えていただける方々も増えて、大変ありがたく思います。ご協力いただける方が増え、新たな試みを現在進めています。

 

 ひとり親家庭の何かお役に立てればと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

<追伸>支援が届かない方々へ(支援拡大を目指して)

 

 児童扶養手当 には所得制限があり、すべてのひとり親がもらえるわけではありません

 

 また支援が届かない #ひとり親予定者、#18歳以上の子を扶養するひとり親 もいます。

 

 給付金の対象ではない「ひとり親」もいることを知ってもらえると幸いです

 

 

 今回支援が届かない方、力不足申し訳ありませんでした。

 

 児童扶養手当および2度目のひとり親世帯臨時特別給付金の支給対象者の拡大については、給付金発表翌日の12月6日(土)に読売新聞の記事を通じて言及しています。

 

 https://skuru.site/2020/12/05/gy/

 

 

 最後に、「ひとり親」と一言といっても母子、父子、離婚・死別・未婚、DV、障害(児)、ワンオペ育児、実家、異性児、不登校など様々な課題があります。

 

 ひとり親家庭の皆さまの何かお役に立てるよう引き続き、発信していきます。

 

 

一般社団法人ひとり親支援協会 

代表理事 今井智洋