ひとり親世帯 再び給付金(朝日新聞に取り上げられました)

 

2020年11月27日

 

 

ひとり親世帯 再び給付金

(朝日新聞に取り上げられました)

 

 

 

 

 

 朝日新聞一面に、ひとり親支援協会の2度目のひとり親臨時特別給付金 アンケート要望が取り上げられました。

 

 また、自治体独自の給付金についても、「策定にあたり同要望を参考とした」とのご連絡をいただいています。

 

 着実に進んでいます😃

 

 

●ひとり親世帯向けの給付金、再支給へ 予備費の活用視野

 

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、政府は生活が苦しいひとり親世帯を支援する「臨時特別給付金」を再度、支給する方向で調整に入った。自民党が26日、再支給を求める緊急提言を菅義偉首相に提出し、首相は2度目の支給に応じる意向を示した。予備費の余り7・2兆円の一部の活用を検討する。

 

 ひとり親世帯向けの臨時特別給付金は6月に成立した今年度第2次補正予算に盛り込まれた。子どもが1人の場合は5万円、第2子以降は1人当たり3万円で、対象は低所得者向けの児童扶養手当や、遺族年金などの公的年金を受け取っている世帯など。コロナ禍で収入が大きく減った世帯はさらに5万円を追加支給する。予算は1365億円で、約120万世帯への支給を想定し、自治体が順次配っている。

 

 再支給は年内をめざし、金額や対象者は前回同様とする案が出ており、厚生労働・財務両省で詰める。

 

 ひとり親世帯は2016年の推計で141万9千世帯。うち8割超の母子家庭は、働いて得る所得が年間平均で231万円と、児童のいる世帯全体の平均の3分の1にとどまる。子育てと仕事を両立するためにパートなどの非正規の仕事に就く親が多く、コロナ禍で仕事を失う例も少なくないとされる。(11月27日 朝日新聞)

 

 https://www.asahi.com/articles/ASNCV6DRGNCVUTFL007.html

 

 

 

【ひとり親家庭などが対象の給付金】

 

 ひとり親家庭などが利用できる給付金について以下にまとめています。

 

 https://skuru.site/category/joho/kyufu/

 

 

 

 最後にお役立ち情報(最新情報など)、活動写真報告(交流様子など)、メディア掲載一覧(テレビ・新聞・ニュース抜粋)、相談対応一覧アンケート調査・政策要望などもあわせてご覧いただけますと幸いです。

 

 

 ひとり親家庭の皆さまの何かお役に立てますよう、引き続き活動していきます。